ラグビー選手の背中の四角いのは何?仕組みを利用すればラグビー以外でも使える!

ラグビー選手の背中の四角いのは何?仕組みを利用すればラグビー以外でも使える!
Pocket

ここ数年で人気が爆発的に増えたスポーツといえば、ラグビーですが、今では日本でもかなりメジャーなスポーツになりましたよね。

ニュースに取り上げられたり、試合をテレビで見ることも出来るようになり身近になったことから、皆さんも一度は試合の様子を目にしたことありますよね。

ところで、皆さんはラグビー選手のユニフォーム姿を気にして見たことはあるでしょうか?

チームごとに個性的なユニフォームがありますが、共通して背中に四角いものがついているのです。

背中の四角いのは何なのか、どうして付いているのでしょうか?

実は、仕組みを知ればラグビーだけではなく幅広く使えるものなのです!

それでは、ラグビー選手の背中の四角いのは何?仕組みを利用すればラグビー以外でも使える!ことについて紹介してまいります。

 

ラグビー選手の背中の四角いのは何?

ふと気にして見てみると、日本だけではなく海外のチームの方の背中にも四角いものがついています。

この四角いものは、公式で採用されているユニフォームのデザインというわけではありません。

その正体は、「GPSトラッカー」という機械をみなさん背中につけているのです!

正確にはユニフォームに標準装備として付けられているわけではなくて、GPSトラッカーを背中に収納出来るために作られた専用のアンダーウェアがあるみたいです。

知らない人からしたら姿勢を矯正するバンドなのかなとか思いますが、違う意味があったのですね!

機械を付けていたことは分かりましたが、そもそもGPSトラッカーとは何なのでしょうか?

 

GPSトラッカーとは?

GPSトラッカーというこの機械、じつはかなりの優れものなんです。

この四角い機械を選手に装着してもらうことによって様々なデータを計測することが出来ます。

まず、その選手が練習や試合中にどれだけの距離を走行したかが分かります。

しかもしかも、それだけでは無いのです。

  • 心拍数
  • 衝突回数
  • 跳躍回数
  • 走行距離
  • 走行スピード
  • 加速・減速
  • 体の傾き

以上の情報を数値として見える化したものを、リアルタイムで取得することが出来るのです!

この数値化することが、実はとっても大事な役割をしているのです。

そのデータを練習のメニューや戦術に活かしたり、選手がどれくらい疲れているかなども把握できるためケガの予防にも役立つのだとか。

また、GPSトラッカーの数値と共に以下の2つを分析スタッフが映像で分析し、選手たちに情報を開示することで更なる技術向上にも使われているんですよ!

  • タックル成功率
  • ボールキャリーの回数

この小さい四角い機械だけで、これだけの意味を持っていたとは驚きです…!

これほどまで情報を収集してくれる機械ですが、どうやったらここまでのことが分かるのでしょうか?

その仕組みについて、次で紹介したいと思います!

 

GPSトラッカーの仕組みを利用すればラグビー以外でも使える!

これだけ優秀な機械であることが分かりましたが、どのような仕組みでこれだけのことが分かるのでしょうか?

それは「GPS」という名前からも分かるように衛星を使って位置情報を抽出する「全地球測位システム」というものを使っています。

なんだか難しい名前ですが、簡単に説明すると人工衛星を使って現在の位置を分かるようにするシステムということです。

GPSという名前や存在自体は、皆さんがお使いのスマートフォンでしたりカーナビでも使われているので身近なものですよね。

このGPSというシステムを筆頭に、他にも加速度計やジャイロスコープなど様々なシステムを搭載したものがGPSトラッカーなのです。

これだけのシステムが入っているにも関わらず驚くべきなことは何と言っても大きさ!

機械の大きさはだいたいタバコの箱くらいしか無く、重さも60グラムほどという小ささと軽さが両立された本体に素晴らしいシステムを詰め込んでデータを抽出しているのです。

あれだけ激しいスポーツでも、邪魔にならないように様々な工夫がされてこの形になったのではないでしょうか。

小さいけれど、あなどれないとっても優秀な機械ですね!

これだけ優秀なシステムですから、ラグビー以外にも実は活用されているのです!

 

サッカーなど他のスポーツで利用

まずは、同じくスポーツ業界内でも幅広い種目で使われています。

例えばサッカー、ハンドボール・ホッケー・野球・ラクロスなどなど。

スポーツ界でこれだけ使われている理由には、やはり数値化されることによって今まで目に見えなかったものが見えるようになるということのメリットが大きく、強さに繋がるデータが取れることがあります。

2021年の箱根駅伝に出場したチームにて、新型コロナウイルスの影響により様々なトレーニングが自粛となっている間に、選手がGPS付きのスマートウォッチを付けて自主トレーニングを行うなどGPSはスポーツ界ではかなり注目されていることが分かりますね。

フィットネスやジョギングなど、ハードな動きでもフィットして、邪魔になることがありません。

カラーも4色取り揃えられていて、お好みのカラーを選ぶと運動時の気分も上がりますよ!

ソーシャルメディア上で管理できるので、共有することでモチベーションもアップします。

 

寝ている間も体温管理が可能な、24時間監視型のスマートウォッチです。

血中酸素や血圧なども測れるため、健康管理が気になっている人にも最適です。

 

相手が何処にいるのか分かるだけではなく、声も録音出来、どんな小さい声も鮮明に取れるのでとても優れた商品といえます!