BTSミニフォトの見分け方公式と非公式の違いは?偽物の特徴も画像付きで紹介

BTSミニフォトの見分け方公式と非公式の違いは?偽物の特徴も画像付きで紹介
Pocket

https://twitter.com/jo1_kimata/status/1173234604544647168

BTSの新曲「Butter」がアメリカのビルボードで6週連続1位という嬉しいニュースが飛び込んできましたね!

快進撃を続けるBTSのツアーグッズであるミニフォトの人気も高まり、公式が入手困難なことから非公式のものも数多く出回っているようでネット上で注意喚起がされています。

この記事ではそんなミニフォトの公式・非公式の見分け方を画像でお伝えし、取引をする際に偽物を入手してしまうことがないように特徴や違いを細かく説明していきたいと思います。

偽物の見分け方が必要なんて残念なことですが、せっかく手に入れたカードが非公式でがっかり…なんてことにならない為にも、違いを知っておく必要があります。

画像を見ればその特徴はよくわかりますので、交換や購入を考えてる人はぜひご一読ください!

 

BTSミニフォトの見分け方公式と非公式の違いは?

当たり前のことですが、アーティストの許可なくグッズを作成して販売することは肖像権の侵害にあたり、法律で禁止されています。

もちろんBTSもファンクラブのサイトではっきりとこの件について明言していますので、非公式グッズを購入しないことがBTSを応援することにつながります。

ミニフォトの公式と非公式の見分け方は、大まかに言えば写真の画像が粗いことが一番の特徴です。

公式グッズをコピーして作るため、どうしても元のグッズより画質が落ちてしまうのです。

その他の詳しい見分け方は、この後にそれぞれ説明していきますので一緒に確認いていきましょう!

 

他のグッズの公式と非公式の違いはある?

BTSのグッズで、他にも非公式のものが多く出回っているのが、缶バッジになります。

缶バッジの偽物は、裏のピンが公式よりも上の方についていて、根本が四角になっていますが、本物はもう少し真ん中よりにピンがついていて、根本は丸みがあります。

画像も画質が粗めで、厚みも薄っぺらいのが特徴です。

それからアクリルキーリングの偽物が確認されていて、こちらも肌色が黒っぽい写真になっています。

他にもうちわの非公式を見分けるには、入っている袋のホログラムシールが貼ってなかったり、色味が違うところをチェックしてみてください。

うちわは写真が公式にはないものが出回っているので、これは公式グッズを見ればどれが偽物かすぐわかりますね。

 

インターネットでの購入や取引は要注意

BTSのツアーグッズは会場での販売となり、会場に行けたとしても事前予約や抽選があるなどとても入手しづらい為、インターネット上でファン同士が交換しあうのは自然なことですよね。

手軽に取引できる便利さがある一方で、偽物も多く出回っているので注意が必要です。

インターネットは買う前に実物を見れないため、紙質もわからず本物と比較もしづらいので区別がつきにくいのです。

実際に購入した人が偽物だったと悲しむツイートもあり、フリマアプリで販売されているものはほとんど非公式という声もあがっています。

できれば疑いたくはないですが、相手が誰だかわからない状態での取引は特に念をいれて注意した方がよさそうです。

20代 女性
表だけじゃなくて、裏側も写真を見せてもらうといいわね
20代 女性
見せてくれない時は怪しいって思った方がいいのかも

ツイッターなどSNSでの取引の場合も、相手のアカウントが本当にファンなのか、過去のツイートやフォロワーとのやりとりもチェックしてくださいね!

中には偽物であることを聞いた途端にアカウントを消して連絡が取れなくなったというケースもあり、被害にあわないためにも取引は慎重に行いましょう。

 

BTSミニフォト偽物の特徴も画像付きで見分け方を紹介

BTSの正式なミニフォトを手に入れる為にも、偽物の特徴を知っておく必要があります。

いくつかチェックするポイントがあるので、ここをしっかりおさえておきましょう!

売ってる店やバージョンによって違いがあるので、全部が同じパターンに当てはまらないことは覚えておいてくださいね。

 

模様が違う

枠線になっている周りの模様をよく見てもらうと、線の端のくるんとなってる部分の先端が、本物は丸くなっています。

偽物の方は線の太さが均一ですね。

おそらくカードを複製する際に、コピーではなくトレースして線を引き直したんでしょう。

かなり見にくいですが、購入前にこの部分の拡大写真を送ってもらうなど確認することをおすすめします。

 

文字の太さが違う

これはよく見ないと気づきませんがカードの裏に書かれた数字の8を見ると、偽物の方は少し太めのフォントになっています。

本物の方がすっきりしたスタイリッシュなフォントですよね。

マジックショップのカードの場合は、偽物も精巧にできていて、文字も見分けがつきにくいです。

出品されている写真と公式の写真をよく見比べて、少しでも違和感を感じたら購入を控えた方がいいかもしれません。

 

紙質が違う

偽物は使っている紙の質も違うので、本物を見たことがある人なら一発で何か違うなと感じることでしょう。

本物はでこぼこした紙質ですが、偽物はつるっとしていますので光を当てるとわかりやすいです。

ただし、マジックショップのみ公式もつるっとした紙をつかっているので、その点は注意してくださいね!

また、厚みも偽物はやや分厚いので、触ってみればすぐわかりますが、紙質はオンライン取引だと確認が難しいですね。

角の丸さを見ると、偽物の方が大きめの丸みになっていて、枠線との距離もバランスが悪い点がわかりやすいです。

 

肌色が違う

本物はとてもきれいなプリントですが、偽物は印刷が濃い目だったり薄かったりで、画質が粗くなっています。

肌色を見てもらうと、本物のミニフォトのメンバーはみんな色白ですが、偽物のミニフォトは肌の色が少し暗い色をしていたり、ピンクがかっていたりします。

拡大コピーをしているのか、本物よりも画像が大きめなのも特徴です。

 

まとめ

「Butter」が1位のまま次の新曲「Permission to Dance」が公開されるなど、BTSの勢いは止まることなく突き進んでいますね。

チャートの上位をBTSが独占するということも、現実味を帯びてきました!

ファンが増えるにつれ、ミニフォトの交換や売買も活発に行われるかと思いますが、この記事で紹介した画像で公式・非公式の違いや偽物の特徴・見分け方をチェックして、安心して取引してくださいね。

画像で違いを見比べると偽物の特徴がよくわかると思います。

種類がたくさんあるミニフォトの中から推しメンのカードを集めるのは大変ですが、公式・非公式の見分け方をしっかり身につけてコンプを目指しましょう♪